亡くなった祖母のおかげでピアノと初めて出会って沢山の学びがありました。

初めて音楽のピアノ教室に通い出したいきさつは祖母がすごくおしゃれな人で、私が幼少期の頃にしてみたらとピアノを買ってもらったのがきっかけです。

現在は幼少期からのピアノ教室のおかげで音楽と共にいつもいたので、
ピアノではないですが、声楽の方へ進むことになり
今は生涯学習として今も続けています。


祖母は本当に掛け軸や日本画を持っていたりしてすごく芸術に興味があったひとです。
でも小さいころの私は実はピアノがものすごく下手でした。
そこで一生懸命に行くことだけを目標に行って弾いていました。

でもいつも練習して行かないので、先生に叱られていて本当にダメな子でした。その音楽教室で下手ながら続けていました。
でも中学校まで続けてそこで、少しクラブなどに入って休んでいましたが、
高校生の進路の時に自分は音楽の声楽に進みたいと思いました。

でも実は声楽は頭がそこまで必要ではなかった気がします。
自分の学力なら少し希望が見えたのでがんばってみようと思いました。

ピアノの先生を通じて声楽の先生をご紹介して頂いて、それで歌の道に行こうと決心しました。
そこで音楽の楽典や音楽用語を家庭教師の先生に教えてもらい
音楽の短大に入れるようにして頂きました。

歌の試験もあり、昔リトミックのようなものを音楽教室でしていたので
それでリズム力も養えたり、音程の基礎力もピアノでしっかり耳に焼き付けていたので
そんなに音程を大きくずれることもなく
これも昔の、音楽教室の賜物だと感謝しています。

昔のピアノの発表会で舞台の上に歩いていき、自分はワンピースを着ていくのですが、
スカートが苦手ででもこの時だけはスカートでなんだか色々緊張してしまい、
ピアノを弾いているときに何度も止まってしまい、
どこを弾いているかわからなくなってしまうこともしょっちゅうでした。

自分は緊張もものすごくするので音楽に向いていないと感じていましたが、
短大の時に、声楽でやっぱり緊張しますが、
舞台は幼少期から何度となく経験していたので、でも緊張感は大変なものです。

でも今の自分があるのも音楽教室との出会いそれとピアノの先生との出会いで、運命かと思いますが、
今こうしてずっと音楽に携わっていれるのも昔の祖母の助言とピアノの先生の指導のおかげで、
音程、リズム、和音、これが基礎に自然とできていて、
全く天才とは無縁ですが、幸せな音楽人生となっています。

自分のコンサートを毎年春にすることが今の当分の自分の目標です。
音楽教室に感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です